家畜を夢みたマミーの仔たち-飼われるってハッピー

灯あふれる大きなオーディエンスをみんなが埋め尽くし、品目に立つ私だけに興味を、応援を上げてくれている。
そんなに、今回、こちらは華やかな芸人として現状品目にのぼり、みんなの今しがたで脚光を浴びてるんだ……!
――日毎進もう。要求に向かって。
……おや。
「おはよう、アヤカ」
目が覚めるとそこは粗末な小屋だった。こちらはボロの布きれを纏い、乾草の上に寝ている。隣席でこちらに声をかけてくれたのは友達のサオリちゃんです。
「おはよう、サオリちゃん……」
「あんた。またあの夢見てたの?」
「ええ!われわれが綺麗なウェア着て品目で踊ってる要求!」
飽くまでも夢の言及だけどね。ここはあんな店とは無縁の要所、2020FARM。
こちらみたいな若い女性が様々ここで飼われてあり、自分まともな服も纏わず、家畜の様な日々を送っている。
「アヤカ、お願いするわね」
マイに髭剃りを渡され、寝そべる彼氏のアソコの頭髪を丁寧に処理して行く。
「マイのってホントキレイなビジュアルしてるな~」
そしてこの後、ブリーダーのお姉さんから言及があった。
「自分。昼過ぎからの仲立ちに備えて議論がありますからね。畜舎裏に集合して下さい」
「なるほど……今日は相手方盛りだくさん現れるのかな」
当作品は旦那用作で、牧舎で飼われる乙女らがエッチしまくっちゃうアナウンス。
当作品はちょこっと特殊な見方でして、家畜の様に飼われる乙女らが主役なんですけど、この子らは希望してなったんです。家畜になるとヒトに飼われる結果、ある種の庇護を受け、安定したライフが出来るんですね。
でもだからこそ、こういう家畜になりたい乙女が数多く、激戦の中で選ばれたのがこの子らそうです。
で、そういう子供らは何をするのかというと、セッ○スだ。ヒトに実態家財として、搾乳、増殖などの目的で飼われる結果、枕で接待しなければならないのです。それが彼氏らに待ち受けて要る昼過ぎの仲立ちですね。
試用ではエッチ情景は見られないのが残念ですが、クォリティは高いので安心して本文を読んでほしい要所。
じゃあエッチしていくだけの作かというと、そうじゃないんですよ。試用にもありましたね。灯きらめく芸人を志す乙女の言及が。
それほど、家畜として飼われる事も要求であったものの、やっぱ自分の行方はここじゃないともらい取り掛かり、乙女は投げ出す事を皆に打ち明けるのです。でも反論され、彼氏は…――
これは善悪一度、試用を読んで、いや、見てください!後悔しない出来ですよ!
フルーツ青汁